ソウタの卒業式…離れてしまう友達と写真を撮るのを諦めた理由

大変ご無沙汰しております。

気付けば、前回の投稿から1ヶ月…。
あの後から、怒涛の日々を送っておりました。

この1ヶ月、がんばっていたことをいろいろと書きたいのですが、それは後述するとして…。
まずは絵日記から。


3月16日。卒業式の朝。

いつもなら起こしてもなかなか起きて来ないのに、この日は早くから起きてきて、まったりとゲームとかしながら過ごしていたソウタ。

なんのゲームかよく知らないけど、花が咲いている景色が出てきたみたいで、それを見て

「花がきれいですねぇ~」

なんて、普段言わないようなセリフを至福の微笑みで言っておりました。

 

特別な日。

なんとなくロマンチックは気分になるのはわかるけど。

なんてわかりやすい子なんだ…と改めて思いました(笑)

 

そして卒業式には夫と共に参列。

小学校から中学校への進学は、ほとんどメンバーが変わらないので、子供たちにとっては悲しい…というよりは、

みんな揃って卒業だぜー!イエーイ!!

中学校へ行っても、また一緒にがんばろうぜーーー!イエーーイ!!

 

みたいな明るい雰囲気の方が勝っていたように感じられました。

そんな子供たちとは裏腹に、担任の先生はずっと号泣していて、そんな先生の姿を見ているとウルっときてしまいました。

 

 

そんな中でも、みんなとは違う中学校へ進学する友達もいました。

仲良くしていたから会えなくなるのは寂しいだろうな~と思い、ソウタに問いかけたのですが、撮らなくていいと…。

記念になるし、一緒に撮ってもらえばいいのに~…って思っていたのですが…

 

「写真はNG」

…いやいやソウタ…その言い方…芸能人か!!

ってなりました(笑)

 

Yくんは陸上競技のいろいろな大会で優勝するくらい走るのが速い子で、将来オリンピック出場も期待されている選手なんです。

私も単純だから、

「もしかして、どこかすごいところに所属したりしたのかな?それで写真NGなの?」

なんて真剣に思っちゃったのですが、ただ単に

恥ずかしがり屋のYくんは写真が苦手だから撮らせてもらえない

…というだけのことでした。チャンチャン。

深読みし過ぎな私…(笑)

 

まあ、集合写真では一緒に写ってるし、それで十分だよね。

 

ソウタはYくんからもらった消しゴムの人形?みたいなやつを「神様」と言って大切に飾っています。

Yくんはきっとオリンピックに出るようなすごい選手になるだろうから、

今からサインもらっとかないと~」

って言ってたのに、卒業文集の寄せ書きのところに母印を押してもらっていました(笑)

オリンピックでYくんを見る日が来るのを、私も期待しています。

 

そんなこんなで、ソウタが小学校を卒業、サッカークラブも卒団しまして、それに伴ういろいろなこと。
それに加えて確定申告の事務処理。
その間にできなかった仕事のしわ寄せ…。

などなどをある程度乗り越えまして、今に至っております。

 

一番大変だったのが、サッカークラブのアルバム作り。

32ページの卒団記念アルバム。

写真集めなどはみんなで協力し合って、レイアウトは全て私が担当。

 

ハードカバーのフォトブックで作ったのですが、印刷も綺麗で、素晴らしい仕上がりに感動!!

みんなにもすごく喜んでもらえて、がんばって作ってよかったです!

 

大変だったけど、楽しかった!!

やっぱり私はコツコツと何かを作り上げる作業が好きなんだな~と改めて感じました。

 

一緒に戦ってきた仲間との想い出を、このアルバムを開く度に思い出してくれたらいいな~って思います♪

 

ソウタ、卒業・卒団おめでとう!

これからも仲間を大切に。

ソウタらしく歩んでいってね。

 

別れの季節。

みなさんのまわりではどんな物語がありましたか?

Advertisement